横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック

外来診療

乳腺外科
 乳がんはがんの中でも、日本女性がかかる割合(罹患率)がトップであり、その罹患率は増加の一途をたどっています。
現在日本人女性の12人に1人が乳がんを発症しているといわれています。急速な増加の背景には、食生活やライフスタイルの変化があると考えられています。乳がんになる危険性は30歳台後半になると増え始めます。放置するとがん細胞が増殖して乳腺の外へも広がります。そして血管やリンパ管へ入って全身をめぐり、乳腺以外のさまざまな組織や臓器に転移します。ここに乳がんの怖さがあります。しかしその一方で、早期に治療を行えば約90%の方が治るといわれています。
乳がんから命を守るためには、少しでも早く発見して治療を行うことがもっとも重要です。
 当院では30歳になったら1年に一度の超音波検診を受けること、そして40歳になったら、国の推奨に従って、2年に一度のマンモグラフィー検査を加えることをお勧めしています。
 当クリニックでは、乳がん検診の基本であるマンモグラフィー、超音波検査のほか、横浜鶴ヶ峰病院(本院)で、より精密な乳腺MRIなどの検査を重ねて乳がんの早期発見に努めています。
担当医師 院長 清水 哲(さとる)前 神奈川県立がんセンター乳腺内分泌外科部長担当医師 院長 清水 哲(さとる)
前 神奈川県立がんセンター
乳腺内分泌外科部長
PAGE TOP
医療法人順正会 横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック
  • 〒241-0022
  • 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-82-1 ココロット鶴ヶ峰5階
  • TEL 045-371-0089(代)
  • FAX 045-371-0373