横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック

免疫療法

「がん」とは・・・
 私たちの体内では、毎日3,000~4,000個ほどのがん細胞が発生していると推測されています。それにもかかわらず、健康でいられるのはなぜでしょう。実は免疫細胞ががん細胞を見つけ、殺しているからなのです。
免疫細胞の力が落ちるとがんが増殖します。中でも免疫機能をつかさどるリンパ球の減少が引き金になります。
「免疫療法」とは・・・
 免疫機能を調整する役目を担うリンパ球は、体外で強化し増やすことが可能な細胞です。驚くべきことに、この強化したリンパ球を体内に戻すと、体の中に残っている免疫機能も同様に強化されます。強化したリンパ球は、体内に戻ると直接がん細胞を攻撃。さらにがん細胞を殺すことのできるホルモン物質をも作り出します。これらの働きによって抗がん作用を生み出すのが、免疫細胞療法の原理なのです。
なぜ当クリニックの免疫療法は低コストなのか・・・
 当クリニックでは免疫療法を広く普及させたいという強い思いから、できる限りのコストダウンに努力してまいりました。
  • ■院内に細胞培養加工施設(CPC)を設置しているため、採血した血液から速やかに細胞の培養ができます。これにより、質のよい点滴の投与にもつながります。また保管コストがかかりません。
免疫療法担当 櫛田和義先生(当クリニック 前 院長)
横浜鶴ヶ峰病院 免疫療法専用ページはこちら
PAGE TOP
医療法人順正会 横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック
  • 〒241-0022
  • 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-82-1 ココロット鶴ヶ峰5階
  • TEL 045-371-0089(代)
  • FAX 045-371-0373